腎臓病食は宅配サービスが便利~自宅で病気改善しよう~

和食

抑えておきたいポイント

医者

腎臓病を抱えている人は、この病気を克服したいと考えているでしょう。しかし、この病気は様々なことを気を付けないとなかなか克服することができません。その中には食事も含まれています。腎臓病の食事療法には、抑えておくべきポイントは三つあります。
それは、低たんぱく質で高エネルギー、カリウム・リンの制限、塩分を制限するといったポイントです。この三つのポイントを抑えておけば、腎臓病の食事療法は行ないやすくなります。ですが、腎臓病の症状によってはこのポイントに当てはまらない人もいます。ですから、食事療法を自宅で行なう時は自分がどのタイプの腎臓病なのかを医師や栄養士に相談して確認しておいたほうがいいでしょう。

食事療法を行なうのに、この三つのポイントをどうして抑えておかないといけないのか分からない人もいるでしょう。そういった人に向けて、どのような理由があるのか紹介します。
まずは、低たんぱくで高エネルギーが必要な理由です。タンパク質は、腎臓に負担をかけてしまうので腎臓病の人は摂取を控えておかないといけません。ですが、人間の体にとってタンパク質はとても重要な栄養の一つですので摂取はしないといけません。その為、低たんぱく質だけど高エネルギーの豚肉、牛肉、鶏肉、牛乳、魚、卵などを積極的に摂取するといいでしょう。これらの食材は、質の良いタンパク質と言われています。
カリウムやリンの制限は、腎臓の機能を低下させないようにする為です。あまりこの物質を意識して食事することはないと思いますが、実は何気に普段の食事に含まれていることが多いのです。一番気を付けるべき食材は、加工食品です。この保存料にリンが多く含まれています。カリウムは、アボガドや海藻、納豆などに含まれているので腎臓病の食事からは避けたほうがいいでしょう。塩分の制限は、腎臓機能の低下やむくみの原因になるので控えたほうがいいでしょう。それに、塩分を控えることで食材そのものの味を楽しめるようになります。